成田空港 覚醒剤の摘発144件、押収393キロ ともに過去最多

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
押収された覚醒剤。2019年は件数、量ともに過去最多になった=成田空港で、中村宰和撮影
押収された覚醒剤。2019年は件数、量ともに過去最多になった=成田空港で、中村宰和撮影

 成田空港(千葉県成田市)で2019年に摘発された覚醒剤の密輸件数は144件、押収量393キロと、いずれも1978年の開港以来、過去最多となった。成田税関は「極めて深刻な状況にあり、国内外の捜査機関と情報を共有して取り締まりを強化したい」と説明した。

 成田税関は19年2月、カナダからの旅客のスーツケース2個から覚醒剤29・94キロを押収した。空港や港で旅客の手荷物から一度に押収した量としては過去最多だっ…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

あわせて読みたい

ニュース特集