メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多タクシー暴走10人死傷、控訴棄却 福岡高裁、車両不具合認めず

福岡高裁などが入る庁舎=平川昌範撮影

 2016年にタクシーを暴走させ福岡市博多区の原三信病院に突っ込み3人を死なせ、7人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた元タクシー運転手、松岡龍生(たつお)被告(67)の控訴審判決で、福岡高裁(伊名波宏仁裁判長)は14日、禁錮5年6月とした1審・福岡地裁判決(19年3月)を支持し被告の控訴を棄却した。被告側は上告する方針。

 事故は16年12月3日午後5時ごろ発生。松岡被告は病院の約280メートル手前の市道でタクシーを発進直後、ブレーキとアクセルを踏み間違え、パニックになり踏み間違いに気づかないままアクセルを踏み、事故直前には時速約86キロまで加速して病院に突っ込んだとして起訴された。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです