メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山の重症男性、感染外科医と接触なし 受診前から症状 他に3人肺炎

新たな感染者が確認されたことを受けて、記者会見する仁坂吉伸知事(左)=和歌山県庁で2020年2月14日午前9時46分、木村綾撮影

 新型コロナウイルスによる感染症で、和歌山県は14日、新たに県内在住の70代の農業男性の感染を確認したと発表した。13日に感染が判明した50代の男性外科医が勤務する「済生会有田病院」(同県湯浅町)の患者で、現在は別の病院の集中治療室で治療を受けているが、重症という。県が2人の感染経路について調べている。

 県によると、新たに感染した男性は1日に発熱や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、6日には熱が39度まで上がったため有田病院を受診し、入院した。肺炎と診断され、症状が悪化して13日に他の病院へ移った。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです