広島中央署多額窃盗事件 死亡の警察官を窃盗容疑で書類送検へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
金庫に保管されていた現金8572万円が盗まれた広島県警広島中央署=広島市中区基町で2019年2月5日午前11時9分、隈元悠太撮影
金庫に保管されていた現金8572万円が盗まれた広島県警広島中央署=広島市中区基町で2019年2月5日午前11時9分、隈元悠太撮影

 広島県警広島中央署(広島市中区)で2017年5月、詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8572万円の盗難が発覚した事件で、同年9月に死亡した元署員の30代の男性警部補について県警が14日に窃盗などの疑いで書類送検することが明らかになった。捜査関係者への取材で判明した。

 捜査関係者によると、警部補は17年春まで広島中央署生活安全課に所属し、現金を押収した広域詐欺事件の捜査を担当していた。同年5月に現金の盗難が発覚した後、体調を崩して休職していたが、9月中旬に広島市内の自宅で死亡したという。遺書などは残されておらず、病死とみられる。

 県警は内部犯行とみて署員ら500人以上に事情聴取する一方、借金の有無などを捜査。警部補は現金の保管状態など内部事情を知っていた上、17年春以降に多額の借金を返済していたことが判明し、捜査線上に浮上した。県警の調べに警部補は「関わっていない」と一貫して関与を否定したが、県警は借金返済の経緯などの裏付け捜査を進め、事件に関わった疑いが強いと判断した。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文694文字)

あわせて読みたい

ニュース特集