滋賀のマスク製造会社、6万枚を地元・長浜市に寄贈 保育所、介護施設で利用へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「橋本クロス」の橋本浩之社長(右)からマスクを受け取る滋賀県長浜市の藤井勇治市長=市役所で2020年2月14日午前11時35分、若本和夫撮影
「橋本クロス」の橋本浩之社長(右)からマスクを受け取る滋賀県長浜市の藤井勇治市長=市役所で2020年2月14日午前11時35分、若本和夫撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で全国的にマスクが不足する中、滋賀県長浜市の不織布製品メーカー「橋本クロス」(橋本浩之社長)が14日、自社製のマスク6万枚を市に寄贈した。市役所で同日開かれた贈呈式で、橋本社長は「日ごろからお世話になっている長浜市の役に立てれば」と話した。

 寄贈されたのは、食品加工会社などで使われる一般作…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

あわせて読みたい

ニュース特集