メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

斎藤慎太郎七段がA級昇級 八段へ昇段 名人挑戦権争いに関西の20代2人が参戦

斎藤慎太郎

[PR]

 第78期名人戦B級1組順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の12回戦が13日、東京・大阪の将棋会館で行われ、斎藤慎太郎七段(26)が阿久津主税八段(37)に勝って8勝3敗とし、3敗で並んでいた行方尚史九段(46)、千田翔太七段(25)らが敗れるなどしたため最終戦を待たずに初のA級昇級を決めた。斎藤は八段へ昇段。奈良県出身、畠山鎮八段門下で2012年四段。B級1組には3期在籍した。王座1期の実績がある。

 菅井竜也八段(27)がすでにA級昇級を決めており、来期は日本将棋連盟関西本部所属の20代2人が名人挑戦権を争うA級に参戦する。【山村英樹】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです