メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リニューアル後初の大賞は高野ユタさん 坊っちゃん文学賞 ショートショート限定

田丸雅智・審査員長(左)からトロフィーを受け取る高野ユタさん。本人の希望でマスクを着用して出席した=松山市役所で2020年2月14日、中川祐一撮影

 ショートショートの文学賞にリニューアルされた「第16回坊っちゃん文学賞」(松山市主催)の審査結果が14日発表され、大賞に北海道の高野ユタさんの作品「羽釜」が選ばれた。松山市役所で開かれた表彰式で、高野さんは「リニューアルされた年に大賞をいただけてうれしい」と喜びを語った。受賞作は3月発売の雑誌「ダ・ヴィンチ」に掲載される。

 「羽釜」は、大学生の主人公が祖母と訪れた蚤(のみ)の市で購入した羽釜を巡る物語。羽釜に羽が生えて空を飛んでいくというあらすじで、ショートショート作家で審査員長の田丸雅智さんは「ダイナミックで大胆なアイデア。展開も素晴らしく、特に最後の一文にしびれた。文句なしの大賞で、リニューアルした最初の賞にふさわしい」と絶賛した。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです