メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわき市が4人を災害関連死に認定 台風19号で避難後に体調悪化などで死亡

いわき市役所=福島県いわき市で、西本勝撮影

[PR]

 福島県いわき市は14日、昨年10月の台風19号で被災し、避難後の体調悪化などで死亡した男女4人を災害関連死に認定したと発表した。台風19号による同市の認定は初めて。

 死亡したのは、被災により転居後、体調が悪化した小川町の女性(当時93歳)▽自宅2階で生活し、デイサービスから帰宅後に動けなくなった平下平窪の男性(同86歳)▽親戚宅へ一時避難し、自宅で生活を再開後に倒れた平上平窪の女性(同82歳)▽うつ病療養中に被災し、実家から自宅へ片付けに行って自死した好間町の女性(同59歳)。

 4人は被災後、約1週間~約2カ月後に死亡した。市は遺族から災害弔慰金の申請を受け、今月5日に審査委員会を開いて認定した。いわき市の直接死による犠牲は8人だった。【乾達】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです