元高校教諭がみだらな行為、女子生徒が自殺未遂 保護者が大分県に賠償提訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
取材に応じて元教諭や大分県教委への憤りを語る女子生徒の母=大分市内で
取材に応じて元教諭や大分県教委への憤りを語る女子生徒の母=大分市内で

 大分県内の県立高校に勤務していた元男性教諭(33)=2019年7月に懲戒免職処分=が教え子の女子生徒(18)にみだらな行為をし、関係に悩んでいた女子生徒が自殺を図り重度の意識障害を負っていることが判明した。保護者は県を相手取り、今年1月14日付で総額約1億3000万円の損害賠償を求める訴えを大分地裁に起こした。 

 担任だった元教諭の行為は女子生徒の自殺未遂で発覚したが、県教委は19年7月の処分発表時に自殺未遂については伏せていた。県教委は「因果関係が分からず、生徒の個人情報に関わるので公表しなかった」と説明している。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1056文字)

あわせて読みたい

注目の特集