メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ごみの中の1127万円 持ち主判明し全額返還 愛知・豊田署「経緯話せない」

ごみの中から見つかった紙幣=愛知県豊田市役所提供(一部加工してあります)

[PR]

 愛知県豊田市藤岡飯野町の清掃施設「グリーン・クリーンふじの丘」で11日、ごみの中から見つかった計1127万円分の紙幣について、豊田市は14日、持ち主が判明し、全額返還されたと発表した。拾得物として紙幣を保管していた県警豊田署から連絡を受けた。持ち主や、見つかった経緯について、同署は「個人情報なので話せない」としている。

 紙幣は11日、同施設で金属ごみから可燃物を分別する作業をしていた職員が可燃物の中から発見。複数の紙袋などから1万円札が1118枚、5000円札と1000円札がそれぞれ15枚ずつ見つかった。【三浦研吾】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです