メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「裁判で無罪主張し戦う」収賄罪で起訴の秋元司議員、潔白訴え 3月に国政復帰意向

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡る汚職事件で収賄罪で起訴され、12日に保釈された衆院議員の秋元司被告(48)=自民党を離党=が14日、2019年12月の逮捕以来初めて記者会見を開き、「裁判で無罪を主張し、戦っていきたい」と身の潔白を訴えた。3月にも国会に復帰する意向を示した。

 秋元議員は午後6時から、東京都千代田区の衆院第1議員会館で会見。紺のスーツに白シャツ、淡い緑と紫のストライプネクタイ姿で会場に姿を見せた。一斉にたかれたカメラのフラッシュを浴びながら、「特定の事業者のために便宜を働くというようなことは断じてない。非難されるような癒着した関係や、賄賂を受け取ったということは一切ない」と力強く語った。

 東京地検特捜部は19年12月19日、議員会館の秋元議員の事務所に家宅捜索に入り、本格的な捜査を開始。秋元議員は「何が疑われているか分からない。不正なことはしていない」と繰り返し主張していたが、同25日に逮捕、1月14日に再逮捕され、計50日間にわたって身柄を拘束された。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです