新型コロナ、何を気をつけるべきか 感染症対策の専門家・岩田健太郎・神戸大教授に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岩田健太郎教授=神戸市中央区の神戸大医学部で2020年2月13日午後1時37分、春増翔太撮影
岩田健太郎教授=神戸市中央区の神戸大医学部で2020年2月13日午後1時37分、春増翔太撮影

 新型コロナウイルスを巡り、世の中が騒然としている。店頭ではマスクが品薄になり、観光地は客足離れが深刻になっている。日本国内の感染者は急速に増える状況には至っていないが、疫学的に分からないことも多く、軽視もできない。新型コロナウイルスは、どの程度の脅威なのか。私たちが気をつけるべきことは何か。感染症対策に詳しい神戸大医学部の岩田健太郎教授に聞いた。【春増翔太】(取材は2月13日)

この記事は有料記事です。

残り1769文字(全文1960文字)

あわせて読みたい

注目の特集