メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都内の屋形船アルバイトが新型コロナ感染 前日判明のタクシー運転手出席の新年会開催

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

[PR]

 東京都は14日、前日に続き記者会見などを開いた。内藤淳・都福祉保健局長らによると、13日に新型コロナウイルスの感染が確認された個人タクシー運転手の70代男性は1月18日、屋形船で開かれた東京・城南地区の個人タクシー組合支部の新年会に妻と出席。新たに感染が確認された屋形船のアルバイトの70代男性は、新年会より前の1月15日か16日、中国・武漢市からの観光客と接触していたことが確認されたという。

 新年会には支部所属の他の運転手や家族約80人が出席し、10人ほどに発熱などの症状がある。感染が分かったもう一人は、支部の50代の女性職員で新年会に出席しなかったが、業務で運転手と接触があった。

 都は、新年会参加者を中心に、運転手の男性と濃厚接触した約100人を把握しており、症状の有無にかかわらず全員を検査する。【内田幸一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです