メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書類送検を理由に容疑者氏名公表せず「身内に甘い」と批判も 広島中央署8572万円盗難

死亡した警部補の書類送検を受けて記者会見し、冒頭で謝罪する広島県警の鈴木信弘本部長=広島県警本部で2020年2月14日午後3時3分、中島昭浩撮影

 広島県警広島中央署で2017年、特殊詐欺事件の証拠品の現金8572万円が金庫から盗まれた事件で、県警は14日、当時の署員で事件後に死亡した警部補、脇本譲容疑者(当時36歳)を窃盗などの容疑で書類送検した。県警の鈴木信弘本部長は記者会見し「あるまじき行為で誠に申し訳ない」と謝罪。捜査に2年9カ月もかかったことについて「遺憾だ」と述べた。

 送検容疑は、17年3月26日午前8時半~午後0時40分ごろ、同署1階の会計課に侵入し、金庫から8572万円を盗んだとしている。県警によると、現金は同年2月に詐欺事件の容疑者から押収した約9000万円の一部。脇本容疑者は生活安全課員として事件を担当し、日曜日だったこの日は日直主任を務めていた。4月の県警本部異動後に体調不良で休職し、9月に自宅で病死したという。

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです