新型コロナ感染判明 日本人新たに7人 渡航歴確認できず 和歌山と北海道の2男性が重症

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染者が確認された済生会有田病院では外来の診察が停止された=和歌山県湯浅町で2020年2月14日午後4時6分、望月亮一撮影
新型コロナウイルスの感染者が確認された済生会有田病院では外来の診察が停止された=和歌山県湯浅町で2020年2月14日午後4時6分、望月亮一撮影

 新型コロナウイルスによる感染症で、厚生労働省などは14日、中国・湖北省と浙江省への渡航歴が直近では確認できない日本人7人の新たな感染が判明したことを明らかにした。うち2人は病院の集中治療室に入るなど重症という。厚労省は感染経路を調べているが、国内での感染は広がりを見せている。

 7人のうち、重症者は、和歌山県の70代男性と、北海道の50代男性。

 和歌山県などによると、70代男性は13日に感染が判明した50代の男性外科医が勤務する「済生会有田病院」(同県湯浅町、184床)に一時入院していたが、外科医とは接点がない。院外などで感染した可能性もあるという。

この記事は有料記事です。

残り1624文字(全文1902文字)

あわせて読みたい

注目の特集