カズとイニエスタの初2ショットが実現 スペイン語と日本語駆使しがっちり握手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
Jリーグキックオフカンファレンスで握手を交わす横浜FCの三浦知良(右)と神戸のイニエスタ=東京都港区で2020年2月14日、長谷川直亮撮影
Jリーグキックオフカンファレンスで握手を交わす横浜FCの三浦知良(右)と神戸のイニエスタ=東京都港区で2020年2月14日、長谷川直亮撮影

 サッカーJ1リーグが21日に開幕するのを前にキックオフカンファレンスが14日、東京都内であり、横浜FCのFW三浦知良(52)と神戸のMFアンドレス・イニエスタ(35)の初対面が実現した。

 横浜FCと神戸は23日にノエビアスタジアム神戸で行われる開幕カードで対戦する。三浦とイニエスタは壇上で握手。イニエスタが「楽しみにしている。今季、カズ選手にとっていいシーズンになることを願っている」とエールを送ると、三浦は「ムーチャス グラシアス(本当にありがとう)」とスペイン語で応じた。イニエスタも「ドウイタシマシテ」と日本語で返した。

 続く報道陣の取材で三浦は「イニエスタ選手とここにいることができ、とても幸せ」と喜びを表し、イニエスタも「カズさんに会えていい時間を過ごせたし、日本を代表する存在と一緒にプレーできるのは光栄。試合も楽しみたい」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文701文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集