メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 病気の名前「COVID-19」に WHOが決定

千葉・勝浦のホテルを出た人たちは地元住民らに見送られ、バスで帰宅の途につきました

[PR]

 国連こくれん世界保健機関せかいほけんきかん(WHO)は11にち新型しんがたコロナウイルスによる新型肺炎しんがたはいえん名前なまえを「COVIDコビッド-19」にめました。英語えいごのCORONAVIRUS DISEASE(コロナウイルス疾患しっかん)のかしら文字もじ発生はっせいした2019ねんからりました。

 これまでWHOは、緊急事態きんきゅうじたい宣言せんげんしたジカねつやエボラ出血熱しゅっけつねつなどの病気びょうきについて、ウイルス発見はっけん場所ばしょにちなんで名付なづけてきました。今回こんかいのウイルスは中国ちゅうごく武漢ぶかん発見はっけんされましたが、地名ちめい使つかうと、その土地とちわるいイメージがついてしまうのでやめました。

 また、WHOはこのウイルスのワクチンを18かげつ以内いない準備じゅんびするとの見通みとおしをしめしました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」 厚労相「3800件は最大限可能な数字」 

  3. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  4. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです