メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

スズキ・スイフトスポーツ カタナエディションはバイク好きにも刺さる衝撃作[大阪オートメッセ2020]

情報提供:カートップ

スズキ・スイフトスポーツ カタナエディションはバイク好きにも刺さる衝撃作【大阪オートメッセ2020】

1981年発売の「GSX1100S KATANA」がルーツ!

 2020年2月14日(金)より16日(日)までインテックス大阪で開催中の「第24回大阪オートメッセ2020」。3号館にブースを構えるスズキのなかで、スポーツカー好きなら要注目の1台は、やはり「スイフトスポーツ カタナエディション」だ。

「カタナエディション」は、同車とともに展示されている2019年5月発売の大型バイク「カタナ」のカラーリングやデザインをヒントにして作られたコンセプトモデル。

大阪オートメッセ2020でスズキが公開した「スイフトスポーツ カタナエディション」

 日本刀をイメージした前衛的なデザインを持つ伝説の大型バイクとして、熱狂的なスズキバイクマニア「鈴菌感染者」以外にも広く知られている、1981年発売の「GSX1100S KATANA」が、そのルーツだ。

 そのカタナと同じくシルバー地に赤のアクセントを施したボディは、前後ともワイドフェンダーで迫力をアップしつつ、足もとにはノーマルのスイフトスポーツより4サイズもワイドな235/40R18 91Wのアドバン・ネオバAD08Rを装着。フロントにはさらに、対向ピストンキャリパーとスリット入りブレーキローターを入れることで、外観のみならず走りの「走る・曲がる・止まる」すべてを1ランク以上強化している。

大阪オートメッセ2020でスズキが公開した「スイフトスポーツ カタナエディション」

 現行スイフトスポーツは2017年9月にデビューしたが、それ以来これといった改良が施されていない。そろそろノーマル共々マイナーチェンジされてもおかしくない時期だが、それがこの「カタナエディション」のようになればと思うのは、私だけだろうか?


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  3. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

  4. 霞が関OBもカンカン…検事長の定年延長 語られぬ「条文第2項」の衝撃

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです