メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・見聞読

三好“3吉”功郎の還暦CDほか

 <楽庫(らっこ)>

 ♪三好“3吉”功郎の還暦CD

 一般に知られていないし、もちろん大スターでないけれど、音楽家が、尊敬し、あこがれ、頼りにし、共演を楽しみにする音楽家がいる。「ミュージシャンズ・ミュージシャン」と呼ぶ。その代表がこのギタリスト、三好“3吉”功郎。

 1960年大分生まれ。宮崎大学でジャズに傾倒。83年に上京し、さまざまなアーティストと共演し、90年代からジャズやフュージョン的なバンドリーダーとして活躍。自身のギター道には厳しいが、どんなジャンルも受け入れて理解し新たな解釈やアイデアを提案し、温かでユーモアたっぷりの人柄もあって、あちこちのスターから声をかけられる。矢沢永吉、森山良子らのバンマスも務めたほど。もちろん作編曲は第一級、キース・へリングばりのイラストの腕も人気である。

 彼の還暦ライブは、17日に開かれるがすでにチケット完売。全曲自作の自主制作記念CD「マイ・リトル・ソングブック」は3月18日から一般販売する。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです