メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイド視聴室

アナザーストーリーズ 運命の分岐点 名曲「イムジン河」がたどった道

 歴史的な出来事の隠れたエピソードを掘り下げるドキュメンタリー。今回はフォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」の名曲「イムジン河」が日本、韓国、北朝鮮でたどった運命を紹介する。

 この曲は、韓国と北朝鮮をまたいで流れる川を題材に、南北に分断された朝鮮半島の人々の悲しみを歌う。作詞家の松山猛が京都の朝鮮学校で聞いて感動し、作者不詳の民謡と思って歌詞を付けた。しかし、レコード発売直前の1968年2月、作者がいたことや歌詞の内容が…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです