メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 クルーズ船から患者搬送の救急隊員感染 当日発熱、別ルートか

厳しい表情で会見する横浜市の高坂哲也消防局長(左)=同市中区の市役所で15日、樋口淳也撮影

 新型コロナウイルスによる感染症で、横浜市消防局の30代の男性救急隊員が感染していたことが判明した。市によると、隊員は今月10日昼過ぎ、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から、感染が確認された患者を搬送していた。ただ、隊員は10日深夜に発熱しており、市は「短時間で発症することは考えにくい」として、患者から感染した…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです