メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

暖冬で助かった

 ロシア人が最も嫌がる季節はかつて、3月の終わりから4月中旬にかけてだった。雪が解けて、道がぐちゃぐちゃになるからだ。ところが最近は温暖化の影響を受け、1~2月でも泥道になることが多い。2020年1月中旬のモスクワでは気温が4・3度まで上がり、約1世紀ぶりに1月の最高気温を更新した。

 本来ならば、最も寒い時期に当たる1月18~19日。冷水でもく浴するロシア正教…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 石川県で5人目の新型コロナ感染確認 出張の50代男性

  3. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  4. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです