メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道南の経路、ネットに詳しく グーグルマップ活用 道が業者にノウハウ バス、フェリーのデータも /北海道

 道南部に拠点がある鉄道やバス会社などが、インターネット上で経路検索できる「グーグルマップ」に時刻表やバス停などの情報を入力し、利用者が正確に経路検索できるようにする実証実験を始めた。国内外のスマートフォン利用者が最もよく使う地図アプリとされるが、都市と違い地方のバスなどは情報が不十分なのが実情。外国人観光客の利便性向上も期待される。

 実験は道が音頭を取り、フェリー会社も含む11社が参加。グーグルマップでは、全地球測位システム(GPS)を使って地図上の自分の位置を把握でき、2地点間の経路を検索し、鉄道やバスなど公共交通機関を使って移動する最適な経路や運賃、所要時間を調べられる。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです