夫婦別姓、高3「法改正を」 事実婚の両親を取材、苦労知り 国会議員に要望 製作映像が入選 /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公明党の山口那津男代表(中央)に選択的夫婦別姓の要望書を手渡す小池真実さん(左から2人目)=斎藤周造さん撮影
公明党の山口那津男代表(中央)に選択的夫婦別姓の要望書を手渡す小池真実さん(左から2人目)=斎藤周造さん撮影

「一つの選択肢として」

 父親の姓は「小池」、母親の姓は「内山」、子どもの姓は「小池」。夫婦別姓、事実婚の家庭で育った岡谷南高3年の小池真実さん(18)は、両親を取材したドキュメンタリー映像「うちって変ですか?」を製作。14日、選択的夫婦別姓の法改正を求める要望書を国会議員に手渡した。思いは一つ。「同姓にしたい人は同姓に、別姓にしたい人は別姓にできるようになってほしい」【坂根真理】

 14日、東京。選択的夫婦別姓制度の導入を各地の地方議会に請願している「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」のメンバーらとともに、公明党の山口那津男代表、立憲民主党の枝野幸男代表らに要望書を提出した。

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1026文字)

あわせて読みたい

ニュース特集