新型肺炎 清水港、客船寄港中止相次ぐ 12月まで7船31回 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、清水港(静岡市清水区)へのクルーズ船の寄港中止が相次いでいる。市によると、14日現在、12月までに予定されていた7船の寄港計31回が取りやめになった。

 クルーズ船「ノルウェージャン・スピリット」の4~12月のアジアクルーズが中止となり、17回の寄港予定がキャンセルとなった。4月22日までに5回の寄港予定があった「セレブリティ・ミレニアム」などでも寄港中止が決まった。他にも中国の港に…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集