メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢シーパラダイスのセイウチ ヒマワリ期間限定嫁入り 南知多ビーチランド「キック」と妊活 /愛知

「嫁入り」するメスのセイウチ「ヒマワリ」=伊勢シーパラダイス提供

 伊勢シーパラダイス(三重県伊勢市)の人気者、19歳のメスのセイウチ「ヒマワリ」がバレンタインデーの14日、南知多ビーチランド(美浜町)で暮らす22歳のオス「キック」の元へと、期間限定で“嫁入り”した。赤ちゃんづくりが目的。伊勢シーパラダイスのスタッフは「頑張ってねー」と“妊活”をスタートするヒマワリを送り出した。【尾崎稔裕】

 海外からの動物輸入が難しくなってきているため、日本動物園水族館協会の提案で、加盟施設が動物を貸し借りして国内での繁殖に取り組んでいる。伊勢シーパラダイスによると、セイウチは現在、国内9水族館が計26頭を飼育。うち繁殖に成功したのは、北海道・おたる水族館と千葉県・鴨川シーワールドの2施設だけという。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです