メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/524 東高野街道/20 /大阪

野崎プロレスを主催する山田さん(右)と、タッグを組む安原さん=大東市野崎1で、松井宏員撮影

 ◆大東市

 前回の楠木正行の墓所から、JR四条畷駅へ出て、1駅南の野崎駅へ。四条畷駅は、駅名は四条畷ながら、所在地は大東市。野崎駅も大東市だ。

 野崎といえば野崎参り。野崎観音(慈眼寺)への参詣で、5月1~8日の期間に約20万人の人出があり、野崎駅からの参道には露店も並んで、それはにぎやかだ。東高野街道は野崎観音のすぐ下を通っているから、街道を使って参詣する人も多かったことだろう。

 野崎参りの起源は、江戸時代の元禄期からという。正しくは「無縁経法要」といい、この世の有縁無縁のすべてのものに感謝のお経をささげる行事のこと。大坂市中から日帰りできる距離で、行楽気分で出かける人が多かったようだ。

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです