メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美保関舞台の映画、松江で先行公開 21日は舞台挨拶も /島根

 2019年2月に松江市美保関町で撮影された吉本興業の映画「いざなぎ暮れた。」が、今月21日から松江市東朝日町のイオン松江店内の「松江東宝5」で先行公開される。初日は舞台あいさつも予定。撮影に協力した松江観光協会美保関町支部の住吉裕事務局長は「美保関の歴史と文化と人情がほんのり織り込まれた映画。発信力に期待したい」と話す。

 毎熊克哉さんと武田梨奈さんのダブル主演。親戚を詐欺のわなにはめようと、元ホストの主人公・ノボル(毎熊さん)が恋人のノリコ(武田さん)と生まれ故郷の美保関を訪れるストーリーだ。伝統の「諸手船(もろたぶね)神事」をきっかけに旅はスリリングな展開に――。

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです