メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第7回全日本新春ネット書道展 大賞に広島・永丘さん 条幅作品「春樹萬家烟」 /広島

 日本書道文化協会(会長、山田翠香・毎日書道展審査会員)が主催する第7回全日本新春ネット書道展(県、福山市、毎日新聞社など後援)の入選作品が決まり、個人の部最高賞の大賞に永丘浩一さん(広島市)の条幅作品「春樹萬家烟(しゅんじゅばんかのけむり)」が選ばれた。団体の部の最優秀学校賞は県立福山誠之館高と県立戸手高が受賞した。

 県内外から1469点(毛筆673点、硬筆616点、条幅180点)の応募があり、特別賞86点、金賞201点が選ばれた。特別賞の作品と受賞者名、金賞、銀賞、銅賞の出品者名は月刊書道誌「書玄」のホームページに掲載される。

この記事は有料記事です。

残り3445文字(全文3713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  3. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

  4. 霞が関OBもカンカン…検事長の定年延長 語られぬ「条文第2項」の衝撃

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです