メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坊っちゃん文学賞 高野ユタさんが大賞 リニューアル後初 /愛媛

田丸雅智・審査員長(左)からトロフィーを受け取る高野ユタさん。本人の希望でマスクを着用して出席した=松山市二番町4の同市役所で、中川祐一撮影

 ショートショートの文学賞にリニューアルされた「第16回坊っちゃん文学賞」(松山市主催)の審査結果が14日発表され、大賞に北海道の高野ユタさんの作品「羽釜」が選ばれた。市役所で開かれた表彰式で、高野さんは「リニューアルされた年に大賞をいただけてうれしい」と喜びを語った。受賞作は3月発売の雑誌「ダ・ヴィンチ」に掲載される。

 「羽釜」は、大学生の主人公が祖母と訪れた蚤(のみ)の市で購入した羽釜を巡る物語。羽釜に羽が生えて空を飛んでいくというあらすじで、ショートショート作家で審査員長の田丸雅智さんは「ダイナミックで大胆なアイデア。展開も素晴らしく、特に最後の一文にしびれた。文句なしの大賞で、リニューアルした最初の賞にふさわしい」と絶賛した。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 外為 東京=10時 1ドル=106円86~87銭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです