メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露、北方領土譲渡禁止論 プーチン氏が支持 改憲会議

 ロシアのプーチン大統領は13日、憲法改正に関する政府主催の会議に出席し、北方領土を含む領土の引き渡しや関連する協議を禁じる条文を盛り込むべきだとの意見について「その考えは好きだ。専門家に検討させよう」と述べた。プーチン氏の真意は不明で、条項が憲法に盛り込まれるのかも不透明だが、ロシア国内で北方領土の引き渡しに反対論が根強い状況を浮き彫りにした。

 ロシアでは政治機構の改編を柱とした憲法改正が検討されており、13日にはプーチン氏や有識者らが出席した会議が開かれた。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです