メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

新型流行の「見える化」=青野由利

 <do-ki>

 PCRは「変人」で知られた科学者キャリー・マリスの発明である。1993年にノーベル賞を受賞したこの技術は、一言でいえば、わずかな量の標的DNAを大量に増やす方法だ。

 ポリメラーゼ・チェーン・リアクションの頭文字をとってPCR。20世紀の生物学に革命をもたらした技術で、遺伝子を扱う世界中の研究室に小型のPCR装置が鎮座しているはずだ。

 そのPCRが新型肺炎でクローズアップされている。現時点で新型コロナウイルスを検出するにはこれを使うしかないからだ。

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです