メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

新型肺炎 追えぬ感染経路 急増、新たな段階に

 中国への渡航歴のない人の新型コロナウイルス感染が相次いでいる。13日に国内初の死亡例を含む4件が確認され、14日にも北海道、東京都、愛知県、沖縄県などで新たな報告があった。感染経路を追えていないケースもあり、国内各地で患者が急増する新たな段階に備えた医療体制の整備が急がれる。

 「ちょっと気分が悪い。どこでうつったか分からないというのは……」。14日朝、70代男性の新型肺炎感染を発表した和歌山県の仁坂吉伸知事は、この男性と前日に感染が明らかになった県内の50代男性医師との接点が把握できないことへの不安を吐露した。接点がなければ、他にも地域内に未知の感染者がいる可能性が高まるからだ。

 その約1時間後、閣議後の記者会見に臨んだ加藤勝信厚生労働相は、渡航歴のない人の感染確認が相次いでいる状況でも「国内で流行、まん延している状態ではないという従来の見解を変更する根拠はない」と繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り2121文字(全文2516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです