メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 武漢で「市民記者」不明 人権派弁護士

消息が途絶えた陳秋実氏。4日のビデオ映像より=中国湖北省武漢市で、陳氏提供・AP

 新型コロナウイルスによる肺炎患者が集中する中国湖北省武漢市で取材していた中国人フリージャーナリストで人権派弁護士の陳秋実氏(34)の消息が、4日のインターネットへの投稿を最後に途絶えている。中国でフリーの立場での取材は認められていないこともあり、その安否が気遣われている。

 「私は市民記者として、この災禍を取材する責務がある」。陳氏はそう説明し、1月24日夜の最終列車で武漢入り。2002~03年の重症急性呼吸器症候群…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです