メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 湖北省で「戦時管制」 住民の外出禁止

住民の出入りが厳しく制限される中国湖北省武漢市の住宅地=9日、国営新華社通信

 新型肺炎の感染が集中する中国湖北省の一部自治体で、「戦時管制」を掲げて住民の外出を全面禁止する動きが広がっている。食料などを買いに出ることも認めず、自治組織が配給する徹底ぶりだ。歯止めのかからない感染拡大への危機感を物語っている。

 湖北省北西部の十堰(じゅうえん)市張湾区(人口41万人)の対策本部は13日から2週間、「戦時管制」として住民の外出を禁止し、集合住宅などの出入り口を封鎖する通知を出した。

 食品などの生活必需品は、自治組織が統一の品目、価格で配給し、薬品などの緊急物資は、自治組織に代理購入を依頼しなければならない。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです