メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク元社員を起訴 情報漏えい

 ソフトバンクの機密情報漏えい事件で、東京地検は14日、社外秘の機密情報を不正に取得したとして、不正競争防止法違反の罪で同社の元社員、荒木豊容疑者(48)を起訴した。取得した情報は、ロシアの情報機関「対外情報庁(SVR)」に所属する在日ロシア通商代表部の外交官に渡った疑いが持たれている。

 起訴状によると、荒木被告は昨年2月18日と3月26日、千葉県浦安…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです