メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レリアン、不当減額 公取委勧告 下請け15億円被害

 百貨店などで婦人服を販売する「レリアン」(東京)が、製造を委託した下請け業者13社に対し、セールで値引きした分の支払いを不当に減額したのは下請法違反に当たるなどとして、公正取引委員会は14日、再発防止を勧告した。売れ残った商品の不当返品も繰り返しており、下請け業者の被害総額は、昨年10月までの1年間で計約23億2000万円に上るという。

 公取委によると、レリアンは定価で売れずセール販売した際、下請け業者に本来支払う金額から、値引き分の一部を減額。それでも売れなかった商品は下請け業者に返品し、一度支払った代金を全額回収するなどしていた。約14億9000万円を不当に減額し、約6億5000万円分の商品を返品していた。

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです