メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子ボクシング 研究にも競技にも闘志 五輪目指す、鬼頭選手

公開練習でスパーリングをする鬼頭茉衣=東京都北区で2020年2月10日、金子淳撮影

 2020年東京五輪出場を目指す女子ボクシング69キロ級の鬼頭茉衣(きとうまい)選手(22)=中京大大学院=は、修士課程で社会学を研究する学者の卵でもある。目下の研究テーマは、女子ボクシングのエスノグラフィー(行動観察)。「五輪出場はボクサーとしての夢でもあるし、研究者としての夢でもある」。文武両道を追求する異色のボクサーは3月、五輪出場をかけて国際試合に臨む。【金子淳】

 愛知県みよし市出身。大学1年のときテレビで女子ボクシングを見て「自分に向いている」と感じ、その日のうちにジムの門をたたいた。初めてのスパーリング相手はプロの男子選手。「遠慮なくボコボコにされた」が、その夜は楽しさと高揚感で眠れなかった。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです