女子ボクシング 研究にも競技にも闘志 五輪目指す、鬼頭選手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
公開練習でスパーリングをする鬼頭茉衣=東京都北区で2020年2月10日、金子淳撮影
公開練習でスパーリングをする鬼頭茉衣=東京都北区で2020年2月10日、金子淳撮影

 2020年東京五輪出場を目指す女子ボクシング69キロ級の鬼頭茉衣(きとうまい)選手(22)=中京大大学院=は、修士課程で社会学を研究する学者の卵でもある。目下の研究テーマは、女子ボクシングのエスノグラフィー(行動観察)。「五輪出場はボクサーとしての夢でもあるし、研究者としての夢でもある」。文武両道を追求する異色のボクサーは3月、五輪出場をかけて国際試合に臨む。【金子淳】

 愛知県みよし市出身。大学1年のときテレビで女子ボクシングを見て「自分に向いている」と感じ、その日のうちにジムの門をたたいた。初めてのスパーリング相手はプロの男子選手。「遠慮なくボコボコにされた」が、その夜は楽しさと高揚感で眠れなかった。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文932文字)

あわせて読みたい

注目の特集