メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

免疫機能を整える 花粉症に負けない

板橋瑠美さん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 花粉症の人には、つらい季節がやってきた。日本気象協会によると、今年の花粉飛散量は例年より少ない地域が多い見込みだが、食の面でも対策できないだろうか。花粉症に負けない体を作るレシピを、ABCクッキングスタジオの管理栄養士、板橋瑠美さんに紹介してもらった。

 花粉症は、本来は無害な花粉を外敵とみなして免疫反応が働き、鼻や目などで炎症が起こる状態。今は国民の約4人に1人が花粉症とされる。板橋さんは「花粉を異物と判断してしまうのは、体の免疫が正しく機能していない状態」と話す。免疫機能を正常にするには、規則正しい生活やバランスのよい食事を心がけることが基本だ。免疫細胞の7割は腸内にあると言われるため、腸内環境を整えることがポイントとなる。

 摂取すると効果的な栄養素は、善玉菌である乳酸菌▽善玉菌の餌となる食物繊維▽炎症を抑える作用があるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)--が挙げられるという。乳酸菌は、みそ、ヨーグルト、甘酒、キムチ、納豆などの発酵食品に含まれる。食物繊維は野菜や果物に多い。DHAやEPAは、サバやイワシ、サンマなどの青魚に多く含まれ、体内では合成されないので食事で摂取したい。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文2212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです