メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀橋のきらめき

タカラヅカ余話 令和初、新トップ披露に華 台頭、女性演出家

星組公演「眩耀の谷~舞い降りた新星~」で主演するトップスターの礼真琴=梅田麻衣子撮影

 令和初のトップスター、礼真琴(れいまこと)のお披露目となる星組公演、幻想歌舞録「眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~」(謝珠栄(しゃたまえ)作、演出、振り付け)が、宝塚大劇場で開幕しました。

 紀元前800年ごろの中国、流浪の民汶(ブン)族を滅ぼした周の宣王の命で汶族の聖地「眩耀の谷」探索を命じられた若き大夫、丹礼真(タンレイシン)が、そこで見たものとは……。理想と現実のギャップを克服して自らの道を切り開いていく礼真の姿が、演じる新トップ礼のこれからと重なってすがすがしい作品に仕上がりました。

 作、演出、振り付けの謝は、タカラジェンヌOG。在団時は芸名、隼(はやぶさ)あみりという男役でした。退団後は振付家として野田秀樹の作品をはじめさまざまな舞台で活躍。宝塚歌劇でもショーの振り付けで参加、柴田侑宏(ゆきひろ)作品の演出でも非凡な才能を発揮してきましたが、本人オリジナル作の上演は今回が初めてです。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです