メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第75回びわ湖毎日マラソン 来月8日号砲 最終レースに大塚ら

東京五輪選考会

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」を兼ねる第75回びわ湖毎日マラソン(3月8日、滋賀・皇子山陸上競技場発着)=毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛=の海外、国内招待選手18人を含む出場選手が14日、発表された。

 国内招待は、19年9月のMGC4位で3枠目の東京五輪マラソン代表を目指す大塚祥平(九電工)、同7位の鈴木健吾(富士通)ら9人が名を連ねた。19年12月にフルマラソン完走100回を達成したプロランナーの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)も招待選手として出場する。海外招待は、自己ベストが2時間5分0秒で出場選手中トップのエバンス・チェベト(ケニア)らが出場する。

 びわ湖毎日マラソンは、MGCファイナルチャレンジの対象となる最後のレース。東京マラソン(3月1日)を含め、2時間5分49秒の設定タイムを切ったうえで最速タイムの選手が3人目の東京五輪代表に決まる。対象者がいない場合は、MGC3位の大迫傑(ナイキ)が代表となる。瀬古利彦・日本陸上競技連盟マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「設定タイムに果敢に挑戦してほしい」と期待した。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文1143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです