メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 止まらぬ拡大 どこで感染?高まる不安

新型コロナウイルスの感染者が確認され、接触者外来が設けられた済生会有田病院=和歌山県湯浅町で2020年2月14日、望月亮一撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。国内初の死者や和歌山県の病院に勤務する医師の感染が確認された後の14日も、感染が確認されるケースが後を絶たない。「どこでうつったのか」と感染ルートをめぐって不安が高まっている。

和歌山 「接触者外来」を設置

 和歌山県湯浅町の「済生会有田病院」では、外科医に続いて患者の感染が14日明らかになった。県は他の医師や患者らのウイルス検査も進めており、どこまで感染が広がるか見通せない状態となっている。

 県によると、有田病院には昨年7月末時点で医師9人を含め237人の職員が勤務。入院患者は今月14日現在で158人いる。他に、普段は1日平均約300人の外来患者が受診するが、同日から受け付けを中止した。県は感染した2人と接触していた医師や入院患者らを優先しながら順次、ウイルス検査を進めていくが、調べられるのは和歌山市の協力を得ても1日40検体ほどといい、終了時期は分からないという。県は検査用のキット…

この記事は有料記事です。

残り1775文字(全文2193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです