メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 首相「外来の前に相談電話を」

 「病院に駆け込まず、まず電話を」。国内での感染拡大への不安が広がっていることを踏まえ、安倍晋三首相は14日の新型肺炎対策本部会合で「せきや発熱などの症状があるなど自身の症状に不安がある場合には、まずは近くの相談センターに(電話で)相談してほしい」と呼びかけた。首相は、全都道府県に計536の相談センタ…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです