メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大泉洋

嘘ついて映画出演 TEAM NACS全員と「カーリングできるって言って」(MANTAN WEB)

映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」の公開記念舞台あいさつに出席した大泉洋さん

[PR]

 俳優の大泉洋さんと女優の小池栄子さんが2月15日、東京都内で行われた映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」(成島出監督)の公開記念舞台あいさつに出席。映画にちなみ、過去に嘘をついたことを聞かれた大泉さんは、「カーリングができないのに『できる』って言って、『シムソンズ』って映画に出ました」と告白し、周囲を驚かせていた。

 大泉さんは続けて「(監督から)『できるんですか』って言われ、『私はカーリング選手でした』と。ちょうどTEAM NACS全員で取材を受けていたんで、『なー?』って言ったら、『おう! 僕たちカーリングのチームです』って全員で嘘ついて。役をとったのは俺だけだったんですけど」とにんまり。

 さらに「撮影が始まる直前に、監督から『カーリングお得意なんですよね?』って言われて、『えー?』って(なった)。忘れていたんです、半年ぐらい前だから。毎日嘘ついているから、自分が嘘をついている感覚がないんですよね。軽い気持ちだから」と明かすと、小池さんから「ただの嘘つきじゃないですか」と突っ込まれていた。

 イベントには水川あさみさん、橋本愛さん、緒川たまきさん、木村多江さん、濱田岳さん、松重豊さん、成島監督も出席した。

 映画は、文豪・太宰治の未完の遺作を劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんが戯曲化した「グッドバイ」が原作。何人もの愛人を抱えるダメ男・田島周二(大泉さん)が、多数の愛人たちと別れるため、金にがめつい担ぎ屋・永井キヌ子(小池さん)に女房を演じてくれと頼み込むことから起こる騒動を描く。成島監督にとって、デビュー作以来のコメディーとなる。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです