メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

綾野剛

中村倫也の“可愛さ”絶賛 「見とれてしまった」(MANTAN WEB)

映画「影裏」の公開記念舞台あいさつに登場した綾野剛さん

[PR]

 俳優の綾野剛さんが2月15日、東京都内で行われた主演映画「影裏(えいり)」(大友啓史監督)の公開記念舞台あいさつに登場。自身が演じる今野の旧友・副島役の中村倫也さんについて、「中村倫也君、むちゃくちゃ可愛かったですよね」と観客に呼びかけ、「目の前で一緒に演じていて『可愛いな!』って思いました。とても美しくかれん。(中村さんが演じた)機微みたいな部分も含めて(今作から)文学的なにおいを感じ取れた」と絶賛した。

 綾野さんは映画について、「情報過多な作品や世の中が当たり前になっていますが、限りなく情報をそいでいくという作品」と評し、「あまり無駄なことをしないようにというのがあり、(撮影に)入ったら現場に全てそろっている状態で、そんなことを考える必要もなかった」と回顧。そうした無駄をそいでいく役作りをした綾野さんだが、中村さんが演じた副島について「多分この映画の中で一番、ルックスも心もたたずまいもすべての表現をしている気がする。だからこそプレッシャーはすごくあったはずなのに、そういったことも感じさせず、とにかく美しい彼に見とれてしまった」と共演シーンを振り返った。

 映画は、会社の転勤で赴任した慣れない土地、岩手・盛岡での生活に戸惑う今野を孤独から救ってくれた唯一の友人・日浅(松田龍平さん)が突然姿を消し、今野はその足跡をたどる。すると、彼の知らない日浅のもう一つの影の顔、裏の顔が浮かび上がってくる。共に日々を分かちあったはずの日浅の“本当”はどこにあるのか……というストーリー。

 舞台あいさつには、松田さん、筒井真理子さん、大友監督も出席した。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです