メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株続落、25ドル安 新型肺炎で根強い先行き不透明感

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=14日(AP=共同)

[PR]

 14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は新型肺炎への懸念から、前日比25・23ドル安の2万9398・08ドルと続落した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、世界経済の先行き不透明感が根強かった。投資リスク回避のための売りが優勢となり、前日からの下げ幅は一時140ドルを超えた。ただ好業績の銘柄には買いも入り、下げ渋った。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は19・21ポイント高の9731・18と過去最高値を更新した。

 銘柄別では、ITのIBMや建設機械のキャタピラーが下げた。クレジットカードのビザは買われた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです