メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株続落、25ドル安 新型肺炎で根強い先行き不透明感

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=14日(AP=共同)

[PR]

 14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は新型肺炎への懸念から、前日比25・23ドル安の2万9398・08ドルと続落した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、世界経済の先行き不透明感が根強かった。投資リスク回避のための売りが優勢となり、前日からの下げ幅は一時140ドルを超えた。ただ好業績の銘柄には買いも入り、下げ渋った。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は19・21ポイント高の9731・18と過去最高値を更新した。

 銘柄別では、ITのIBMや建設機械のキャタピラーが下げた。クレジットカードのビザは買われた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです