メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の軍事費4%増 伸び率、過去10年で最高 米中が押し上げ 英シンクタンク

中国の習近平国家主席(右)と会談するトランプ米大統領=2019年6月(ロイター共同)

[PR]

 英国の有力シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は14日、世界の軍事情勢を分析した年次報告書「ミリタリー・バランス」の2020年版を発表した。19年の世界の軍事費は前年比約4%増の1兆7300億ドル(約190兆円)となった。過去10年で最高の伸び率としている。米国と中国が全体を押し上げた。

 中国を含むアジア全体では、地域経済の急成長を背景に、軍事費が過去10年で1・5倍に膨らんだ。

 自国第一を掲げるトランプ米大統領の下、軍事費を増やし続けてきた米国と、軍事力の近代化を図る中国の軍事費はいずれも6・6%増。首位の米国は6846億ドル。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです