メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「適切な防護策」で一般病院でも新型肺炎の診療可能 日本環境感染学会指針

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 感染症対策の専門家らでつくる日本環境感染学会は15日までに、新型コロナウイルスに対する適切な防護策を取れば一般病院でも診療可能だとする医療機関向けの「対応ガイド」を公表した。今後、国内で患者が増加し、設備や人員が整った「感染症指定医療機関」以外の病院にも訪れることを想定してまとめた。

 感染が疑われる患者と他の患者が移動する経路を分けるなど、具体的な対応策を例示する一方、感染が確認された患者でも空気が漏れない特別な「陰圧室」の病室にする必要はないとしている。

 ガイドはA4判10ページ。新型肺炎の症状の特徴として、長く続く発熱や強い倦怠(けんたい)感を挙げ、治療は患者の症状に応じた対症療法が基本であることを説明した。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです