メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路上喫煙注意され鉄パイプで襲撃 親子を殺人未遂容疑で逮捕 大阪・吹田

大阪府警本部=藤田剛撮影

[PR]

 路上喫煙を注意した男性を鉄パイプで殴ったとして、大阪府警吹田署は14日夜、大阪府吹田市の建設作業員の少年(19)と無職の父親(49)を殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。

 逮捕容疑は14日午後7時ごろ、吹田市藤白台4の阪急北千里駅近くで、市内に住む自営業の男性(33)を鉄パイプで殴るなどし、頭部打撲や左手小指骨折などの重傷を負わせたとしている。「殴ったのは間違いないが殺すつもりはなかった」と殺意を否認している。

 吹田署によると、少年は路上でたばこを吸っていたのを男性に注意され、父親に「トラブルになった」と連絡。父親が自宅から持参した鉄パイプを使い、2人で殴ったり、蹴ったりしたという。男性が「殴られた」と110番。2人は一時帰宅していたが、現場に戻り、約1時間半後に逮捕された。【山本康介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです